レベルの高い住空間を実現!注文住宅の建築に活かせる知識を徹底的に紹介

こちらのサイトは、グレードが高いハイクラスでレベルが高めの生活空間を実現したい、このように考える人に最適な建築に活かすことができる知識をご紹介しています。
グレードやハイクラスなどのように言われると、高額な費用を連想される人も多いのではないでしょうか。
しかし、一般的な家族が住む注文住宅の仕様との比較を行ったり、生活様式をイメージしながら間取りやデザインを設計することはレベルの高い空間を実現するためには欠かせません。

レベルの高い住空間を実現!注文住宅の建築に活かせる知識を徹底的に紹介

住宅展示場に出かけると、ハウスメーカーのモデルハウス見学で圧倒される人も多いのではないでしょうか。
注文住宅で家づくりを行うときには、モデルハウスの見学で新しいアイディアを集めることができますし、依頼先をきめるときもモデルハウスを見てレベルの高い住空間を実現できる会社であるのか否かを判断することもできます。
ただし、注文住宅でモデルハウスを見学するときには、ある程度家づくりの情報を集めてから出かけることが大切です。

注文住宅の依頼前に必要な土地を確保

建築する建物の設計等への自由度の高さこそ、注文住宅の最大の魅力となっています。
どのような家を新築するかを、施主は建築前から構想し楽しみにしていることに間違いはないのです。
ただ、この自由度の高さとは建物に対するものだけではなく、同時に建築する建物の敷地に対してもあるのです。
建売住宅のように敷地と建物がセットでの販売ではなく、その建築地も施主が用意する必要があります。
それも、思い描いた通りの家を新築するには、建築基準法上問題のない敷地であることがまずは重要です。
そこに加わる制限には住宅を建築できる地目をまずはクリアし、建てたい建物の面積や容積もエリアにより建築が不可能な場合もあるのです。
そして、施主側の通勤や通学に対する要望や、日常生活への利便性も考慮し立地する場所も決定していく必要もあるのです。
さらに、その土地の形状などにもより理想の家とすることも困難になったり、水道等の引込が不可欠な時には想定外の支出が発生します。
住宅ローンを利用するのであれば抵当権の設定も必須になりますので、注文住宅の家と決めているのであれば用意すべき敷地の確保にも充分な留意点が多数あります。

通勤や通学を重視した注文住宅の立地

会社や役所に勤める者がいる家庭や、学校へ通う子供がいる家庭は、注文住宅を購入するときに立地を軽視してはいけません。
景色や環境の良さは注文住宅の立地をチェックするときに重要ですが、それだけを見てしまうと通勤や通学が不便な場所を選んでしまうことになりかねません。
一度土地を購入してしまうと、何年もの間住まいを移すことはできなくなるので、土地選びは慎重に行いたいものです。
通勤や通学の利便性を調べたい場合、時間を十分とれるようであれば実際に歩いてみましょう。
駅やバス停から住宅までの道のりは、今日ではWeb上のサービスやスマートフォンアプリで簡単に確認することができますが、車の混雑具合や歩行者の多さ、道沿いにある施設や設備など、実際に見て確認しないとわからないことはたくさんあります。
また、地域の開発計画もチェックしておくと良いです。
都市部やその郊外だと、注文住宅を建てる時点では多少通うのが不便な場所であっても、数年の間に開発がすすんで多くの施設ができるのに伴い、バスやタクシーなどの乗り場が設置されて交通の利便性が向上する可能性があります。

注文住宅の打ち合わせで最初に決定すべき事柄

注文住宅の打ち合わせは、理想の家づくりを実現するための成功の鍵になるものです。
施工会社や設計事務所などに何度も通いながら一つずつ理想の家づくりを進めることになりますので、それなりの時間も必要です。
長いと着工するまで1年以上を要するケースもあるようですが、注文住宅は成功させないとならない満足度が高い家づくりをしたい人が多いことからも手間暇をかけて進めることになるわけです。
初回のときには、予算を決めることになります。
この予算は、既に土地を購入している場合は建物だけを考えれば良いのですが、土地を購入する前段階で全体的な予算を立てあり、全体的な金額から土地と建物それぞれにかける金額を割り出すのが一般的な流れです。
仮に、多くの費用を土地に充当してしまうと家にかけられる金額が減ることになるので注意が必要です。
注文住宅の初回の打ち合わせでは、土地購入費用を差し引いた金額が上限になるのでこの金額をしっかり決めておくことと担当者に伝えます。

注文住宅の契約書で特に確認を要する項目

注文住宅の間取りや仕様が決まって、重要事項説明書の納得ができた段階で契約を交わすことになります。
この契約は高額なお金が掛かるものなので、契約内容をしっかり確認することが重要です。
注文住宅の契約書には、約款・設計図・仕様書など、色々な書類がまとめてあり細かな文字で専門用語が並んでいるなどからも、施工会社任せなどのように考えてしまいがちです。
読むのが面倒なので読まない、これは後でトラブルが起きたときに好いわけないならないものなので隅々まで内容の確認をしておきましょう。
なお、この書類には工事請負契約者・仕様書・設計図・見積書の4つで構成されています。
工事請負契約約款は、工事中に災害が発生したときや設計図通りに施工が行われなかったとき、予定が変更になったときなど責任負担・違約金・契約解除条件・瑕疵担保責任などが記載してあります。
契約後に不具合が見つかったときの保証が瑕疵担保責任になりますが、最近は民法改正で契約不適合責任に変更が行われています。